車検期間が残存している自動車

-

-

自動車重量税、略して重量税とは、日本の自動車や海外の車という車の生産国やハッチバック、ワゴン車というような車のタイプに例外なく例えば、スズキやフォルクスワーゲン、等にも同様に負担をしなくてはいけないもののことをいいます。77-13-137

新車登録をするさいまたは定期的にある車検の時に納税が必要になる税です。77-20-137

この税額は対象となるクルマの重さによって定められています。77-10-137

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は完全に別の概念ですので基礎を学んで一緒にしないようにしましょう。77-12-137

「自動車重量税とは車のウエートによって」「自動車税とは排気量毎に」その額が違います。77-4-137

それにより、買取する場合の扱いも変わってきますから、注意しましょう。77-7-137

クルマを手放す時には既に支払った車の重量税がどれだけあってもその税額が還ってくることはないのですが、一方で自動車税の時は支払い済みの残存税額を売却額に乗っけてくれるというケースがなくはないですが重量税に関しては上乗せされるといったことはあまりないでしょう。77-8-137

重量税というのはすでに支払い済みの金額が残存していると言っても自動車買取専門業者側でそのことが忖度されるケースはほとんどないものなのです。77-17-137

そのため次の支払い、つまり車検に出すまで待機して買い取りをお願いするという手段がベターと思います。77-18-137

車買い取り時は考慮してもらえないのが重量税ですが例外的な場合だと還付していただけることがあります。77-5-137

このケースは、車検期間が残存している自動車を廃車にする時。

要は、廃車登録をした際に残存期間に応じて重量税が戻ってきます。

ただし、車の引き取りの場合はその車が廃車されるのとは異なり還付されません。

それから、手放す自動車の名義変更をしてしまった場合や、盗難されたケースなども還付してもらうことは不可能です。

自動車重量税の残存期間があるクルマを売却するイコールつまり車検期間が残っているクルマです。

それを買取側も計算に入れますので重量税が残存していれば少しは売却額が上がると思います。

当然売却額は店舗次第で異なりますが、車検の効力が残っていることを考慮していただければ、愛車の売却額と比べるとあまり払い損ということもありません。


Site Menu

77-11-137 77-9-137 77-16-137 77-14-137 77-2-137
Copyright © 2000 www.galeraagitacao.com All Rights Reserved.