目的に列車等の回数券など

-

-

現金化を目的に列車等の回数券などを購買してしまうこと》クレカの現金化サービスというもの利用しないで、利用者自身が換金する目的でクレカで決済することも同じです。

換金するのを意図したクレカショッピングはカードのカード規約違反扱いになってしまうことからです。

複数枚の電車等の旅券や切手購入においてのカード利用は、現金化する目的ではないのか??と警戒されてしまう事例があり得るので注意が大切です。

付け加えると、すでにキャッシング枠の方が上限になられている方の場合には列車の乗車チケットを決済することにトライするだけでクレジットカードの発行会社の係から確認が入るというケースがあるから、経済的にきつい時のカード利用は不可能にされてしまうのでしょう。

お金に問題がある際においてすることは、同じようなものです。

カードの発行会社に対して問題な使い方をする→だいぶ前に話題になった『永久期間』といったクレジットの会社の立場からみて一つも利益になり得ないような規約に反した使用をした場合には、カードの発行会社により強制退会となることもあるのが現実です。

インターネットに話題になっていたクレジットカードポイントの不正な入手というような一般には流通していない秘密の手段などというものが存在してもそんなやり方というのはカード会社のルール違反であるからどんなことがあっても利用しないようにして欲しいと思います。

強制没収となってしまったデータは他のカード会社も知りうる:クレジットを没収させられたとしてもほかのカードというのは使用可能んだから、1枚なら問題ないんじゃない??という風に思った方昨今の情報化社会でその考え方は信用を消失する心配もある。

それは、そもそも失効させられてしまうという事態になると、クレカの会社にて閲覧可能な個人情報へそういったカード情報が記載されることによって契約者の社会的信用はなくなってしまうケースがあるのです。

いずれか一社でもカードを強制退会になるとそれ以降クレジットカードでも審査に通らなくなってしまうようですし最悪の場合別の有しているクレジットカードを失効させられる場合もあるでしょう。

強制退会とならずに使い続けられるケースでも期限切れ時に自動退会となると思われる。

とにかくしつこいほど記載させてもらっているが没収させられるような利用方法はどんなことがあってもすることがないよう、規約を守ってカードを利用して頂きたいと願っています。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.galeraagitacao.com All Rights Reserved.